インフルエンザ状況

2015-02-08

本日も終了。

上海ファミリーでは、

当クリニックは、日本人の為に良心的な医療をしましょうということで、作られたクリニックです。当然、経営,管理は日本人です。

日本人医師の診療アドバイスで

中国の教授クラス医師の診察が可能です。

また、アシスタンス会社のヘルプのもとに、大学病院や専門病院への入院や検査入院も

可能です。

緊急性の強い、心筋梗塞や脳血管疾患などの入院治療などは、的確な判断、アドバイスが必要になりますが、それらの疾患にも適切な病院紹介や搬送に対応いたします。

中国では、医師以外の医療従事者の資格登録は認められません。

看護師薬剤師理学療法士などは、残念ながらその資格を持って働くことができません。

当院では、中国の経験豊かな医療従事者を採用し中国法律に基づいて働いていただいています。

受付のインフォメーションは、日本人が対応しております。

言葉の心配もございません。

不安や不明な点は、日本人医師が直接、ご説明いたしますのでいつでも、お電話等でお問い合わせ下さい。時間の許す限り、対応させていただきます。

上海でもインフルエンザの患者さんがおられます。

A型、B型ともに発生しております。

日頃から充分な休息と栄養を取られ、感染を防ぐためには手洗い,部屋の換気などに

心がけられると良いですね。

金山ファミリーでは

 

4月からの海外赴任の方の渡航ワクチンの予約が多いですね。

かなり時間が無い時でも、医師にご相談ください。

ご予約はお電話でしてください。

インフルエンザの方は、先月よりだいぶ減りました。

当クリニックは一般患者さんと部屋の隔離をしながら診療をしております。

発熱がある方は受付でその旨をお伝えください。

小さなお子様のインフルエンザもおられます。

熱が出てすぐより、数時間後に受診されると良いです。

インフルエンザ迅速キットでの判定でも、直前の発熱には判定が出来ないことがあります