日課。業務 手足口病

2013-07-14

本日も終了。

小さなお子様に熱がでて、おしりや膝の辺りにブツブツが出ていますと言って来院されます。


手足口病は手足の水疱と口内炎ができる夏風邪の一種ですね。

5~8月ぐらいに流行し、潜伏期間は3~5日ぐらいです。

手と足と口に水疱ができるのが病気の主な症状ですが、最初の1~2日の間に熱が出ることもあります。

38℃の熱が出るお子さんは全体の30%ぐらいで、半分以上のお子さんは熱はでないことも多いですね。



水疱は3~5日ぐらいで消えてしまい、あとが残ったりすることはありません。

主に発疹が出る部分は手・足・口ですが、お尻~大腿にも出ることがあります。

また、発疹の部分のかゆみや痛みは起こらないのが普通ですが、お子さんによっては、軽い痛みを感じることもあるようです。




小さなお子さんで口の中の発疹がひどいと、食事がとれなくて脱水傾向になられたりします。

水分は充分におとりください。



水疱はつぶれると感染を起こすこともあります。

プールは、発疹がふやけてつぶれたりすると細菌感染の原因になるので、止められたら良いでしょう。

薬は、熱や咳・鼻水があるときには症状にあわせたお薬が処方されます。

ウイルスの病気ですので、特効薬はありませんね。



主な感染経路は、風邪と同じように鼻汁・唾液などからの感染です。

発疹に触ったせいで感染することは、可能性としてはもちろんありますが、それほど頻度の高いことでは無いようです。

便からも感染しますので、手をよく洗うことも大切ですね。



学校保険法では登校が出来ない病気ではありません。

保育園や幼稚園は園の方針に従われると良いですね。