日課・業務 ありますか?風疹の抗体

2012-07-26

本日も終了。

最近のニュースで風疹にかかる人が多いと報道されましたね。

風疹は子供の時に罹ると軽く済み、三日はしかなどと言われますね。

症状は発熱、リンパの腫脹(耳介後部)発疹(紅く小さい)などです。


子供の時に罹っている、あるいはMRワクチンを2回接種をしていれば抗体が大人になってもありますが、1回接種ですと、抗体は低い、あるいは無い方が居られます。

抗体が無い女性が妊娠初期に罹りますと赤ちゃんに先天性異常など様々な症状が出る先天性風疹症候群が高い割合で出現します。


妊娠する女性は抗体を持っていることが一番大事ですが、周囲の男性や家族が抗体を持たないことで感染をして、現在妊娠をしている抗体が無い女性に罹ってしまうことは避けたいですね。


現在、妊娠して居られる方は予防接種は出来ませんから、感染をしない様に気を付ける必要があります。


金山ファミリークリニックの抗体検査でも若い男性や女性に抗体が無い方や、風疹抗体が(HI抗体価が16以下)の方が居られます。


ワクチンの接種をお勧めしています。


ワクチンで防げる病気は沢山あります。

お子さんの時に受ける定期接種は基礎免疫を作りますが、大人になり抗体が低い、あるいは無いなどをなくす為に母子手帳などを持参され予防接種相談をお受けになったり、抗体検査を受けられると安心ですね。

検査結果は2週間ほどかかりますので、時間が在る時に受けておかれると良いですね。

これらの検査は、保険が効きません。また、中国では受ける事が出来ませんので日本に帰国された時にされておくと安心です。


本当に暑い日が続きます。

熱中症などに気を付けてお過ごしください。