日課・業務 アデノウイルス

2012-05-12

連休は如何でしたでしょうか?

春から新しい生活が始まった子ども達は、すでにいろいろな病気に感染をしては、お休みを繰り返す季節ですね。

アデノウイルス感染による胃腸炎も見られます。


40種類以上あるアデノウイルス感染症は、多種多様な症状を伴いますね。

高熱が続いたり、症状は、咽頭結膜熱(プール熱)、扁桃炎、肺炎、胃腸炎などさまざまです。感染をすると発熱が続き見守る御両親は、辛いですね。


胃腸炎は熱が出ない場合もありますが、長く下痢症状が伴います。

下痢はウイルスを身体から排泄しようとする身体の防衛反応ですから、止めることはしない方が良いようです。


いずれにせよウイルスですから、効く薬はありません。

脱水や合併症に気を付けながら、回復を待ちます。


非常に感染力が強いですので、症状が出ている人に接触しない様に心がけ、手洗い

うがいをしっかりするしかありませんね。


子供は、いろいろな病気に感染して、成長していきます。

身体が弱いなどと悲観することなく、見守って行きましょう。