日課・業務 メタボリックシンドローム

2009-03-20

メタボリックは最近急激に知られてきた言葉ですが、これまでは「内臓脂肪症候群」と呼ばれていたものです。



代謝のことをメタボリックといい、体内の様々な物質が変化すると共に、エネルギーが消費されることをいいます。症候群のことをシンドロームといい、同じような症状が集まったものをこう呼びます。



メタボリックシンドロームの特徴は、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病だけに留まらず、ウエスト周りに脂肪がたまっていくことに着目したものです。

病気ではありませんが、内臓脂肪型肥満と、高血圧や糖尿病、脂質異常のうちのどれか2つ以上が当てはまる状態のことをメタボリックシンドロームといいます。


少しずつ、理解していくのが良いと思います。