日課・業務 ロタウイルス感染症

2013-02-21

本日も終了。

寒い日が続きます。

インフルエンザの患者さんもまだ、おられます。

小さなお子さんには、ロタウイルスによる感染症も多いですね。

ロタウイルスに感染しますと、激しい嘔吐、下痢、発熱などの症状を

伴い、まれに脳症等を合併することがあります。


お母さんの観察は、便の色はクリーム色ぽっく、オムツからはみ出て背中まで回ってしまいます。

とか、突然、吐きましたとか、おしっこが少なくて、機嫌も悪いですなどと言われます。

ロタウイルス感染症は、症状で診断されますが、新鮮なオムツの便で迅速診断が出来ます。

ご心配な方はオムツも持参され、ご相談ください。


脱水がひどいときは点滴で水分補給も必要になります。

嘔吐や下痢がひどい時の食事は炭水化物を中心に与えられ、果物などは柑橘系を避けて、りんごのすりおろしなどを与えられると良いですね。やわらかいからとバナナなどを与えるお母さんが多いですが、バナナを生で与えると負担になりますね。

意外と与えやすいプリンやヨーグルトは消化が悪かったり下痢を助長することがあります。


イオン飲料を少量づつ、与えられると嘔吐を繰り返さないで済みますね。

お子さんは嘔吐後は、のどが渇きますので、コップに沢山入れて飲ませますと一気に飲んでしまい

また、激しく嘔吐をしてしまいます。

最初から少ない量をコップに入れられて、与えられると良いです。


離乳食の時期の赤ちゃんは、食事内容を2ヶ月ほど前に戻して上げてください。。

母乳は完全食ですので、このような時も欲しがるだけ与えて下さい。


感染力が強い病気ですので、このような症状があるときは、外出や集まりは控えられると良いですね


ロタの感染症は冬から初夏にかけて発症が多くなります。

急な発熱や嘔吐、下痢があるときは早めに医療機関にご相談ください。