日課・業務 上気道炎

2013-12-15

本日も終了

喉が痛くて咳が止まりませんと言われて来院される大人の方が多いです。

お子様は鼻が出て、目やにや熱がでますとか、咳をしますなどで来院されますね。


かぜなどの症状を引き起こすウイルスが鼻粘膜から咽頭粘膜に感染し、ここでウイルスが増殖することによって、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、喉の痛みなどの症状があらわれることを上気道炎または上気道感染症といわれています。


小児科や内科で一番多い病名かもしれませんね。


体力があれば自然に治って、1週間程度でよくなります。

手洗い・うがいをすること、バランスのとれた食事を摂ること、十分な睡眠時間を取るなどの習慣をつけて、日ごろから上気道感染症を予防することが大事ですね。


水分が充分に取れない状態が続くと、感染症に罹りやすくなるとも言われています。

この時期は乾燥しますので、加湿をされて、夏場と同様にお茶などを沢山、取られると良いですね。