日課・業務 感染性胃腸炎

2013-12-24

本日も終了です。

この一週間は感染性胃腸炎症状の方が多く来院されます。

吐き気があったり、一回は吐いてしまいました。とか、吐いた後に水分をとっても吐いてしまいますなど、急性胃腸炎症状の訴えが多いですね。

お子さんは、発熱を伴うこともあります。


冬でもウイルスが原因の胃腸炎は突然、症状が出て食べた物に心あたりが無い方が多いです。

嘔吐を止めないで、吐いてしまえば、その後の症状も軽くなるようです。



吐いた後の水分摂取は、少しずつ取られると、再び嘔吐を繰り返さないで治まることが多いです。

小さなお子さんは、喉が渇くのでいっきに飲まない様に周囲の人が見てあげると良いですね。



最近のイオン飲料は、飲む点滴などと言われており、お茶や水より吸収され易いです。

胃腸炎の時は、上手に使ってください。



発熱が伴ったり、少しずつ摂取しても嘔吐を繰り返す時は、医師にご相談ください。