日課・業務 足首の捻挫

2009-04-05

本日も終了。

最近、スポーツや歩行中に足首を捻った方などが、多く来られます。

そこで、捻挫の応急処置を書いて置きますね。


足首捻挫を発症してしまった場合は、何よりもまず 応急処置を、的確に、かつ素早く行うことが重要です。

足首捻挫の治療の根本は、9割り以上がこの応急処置の実践により左右されます。

応急処置が適切になされた場合、復帰までの治療期間は短くなります。


足関節の捻挫の応急処置はRICE処置を根本に治療を行っていくことになります。

RICE処置とは、米国発症の応急処置技術で、その頭文字から名称が名づけられております。

RICE処置

Rest = 安静

Ice = アイシング

Compression = 圧迫・固定

Elevation = 挙上


RICE処置の頭文字の意味は上記の通りです。

このRICE処置に基づく応急処置は、捻挫に限らず、様々なスポーツ障害の応急処置の基本となります。


暖かくなり、運動をされる方々は、この応急処置を知っておられると、役立ちますね。