日課・業務 

2009-03-16

最近は、インフルエンザにかかられる方がだいぶ減りました。

でも、インフルエンザにとてもよく似た症状の風邪も見受けられます。

私自身も、この風邪に感染しましたからわかりますが、発熱と関節痛、頭痛などがあり、てっきりインフルエンザと思いましたが

検査は陰性で、2日程で症状が改善しました。

インフルエンザは典型的な熱型は2峰性です.3-4日高熱が続いて(1つ目のヤマ),一旦下がり,その後再び発熱して(2つ目のヤマ),やっと熱が治まります.

その後,頑固な咳が1週間程続きます

インフルエンザでは高熱の前に悪寒(ひどい寒気),戦慄(ブルブル震える)が生じます.

高熱の出る前には体温中枢と実際の体温にずれが生まれます(悪寒).このギャップを埋めるために,筋肉をブルブル震わせて熱を産生します(戦慄).

意識があるので痙攣(ひきつけ)とは違います.慌てないでください