日課・業務 デング熱

2014-09-05

本日も終了

デング感染症は、日本旅行から帰国後デング熱を発症したドイツ人女性の例もありました。

その時は、日本でデング熱感染はあるのかな?と言う疑問はありました。

今回、代々木公園デング熱感染症事例から、海外渡航歴が無い方でもデング熱感染を考えなくてはいけないようです。

デング熱ウイルスの媒介は蚊によるものです。

蚊の種類はヒトスジシマ蚊、ネッタイシマ蚊、です。

ヒトスジシマカは日本中にいます。

今回、このヒトスジシマカがデング熱ウイルスを保有し、代々木公園に居たことで

多くの感染者が発生をしているようです。

ネッタイシマカは日本にはいません。

デング熱の症状は。

発熱、

頭痛

悪心、嘔吐

発疹

体のあちこちの痛み

眼窩痛

点状出血

白血球減少症

などがありますが、重症にならないためには十分な水分補給が出来て、排尿がしっかりあることだそうです。(医療機関では治療として補液を行います)

現時点ではデング熱ワクチンは、適切なものが無いそうです。

デング熱感染の流行地域に行かれる時は、とにかく蚊に刺されないように十分な注意が必要です。

虫よけは、日本のものを持って海外に行かれるより、現地で購入されたほうが効果が良いようです。

日本の蚊取り線香は、かなり有効だそうです。