日課・業務 水痘ワクチン定期接種

2014-07-07

本日も終了。

上海ファミリークリニックでの,健診は日本人医師の居られる時にご予約をして下さい。

日頃、気になる健康のことなどは、日本人の医師の方がうまく伝わりますね。

検査自体は日本と変わりがありませんので、結果に基づき、医師の指導を受けて下さい。

水痘ワクチンは定期接種(公費負担)になります。

2014年10月からの実施を目指しています。

1歳から接種できます。1回目の接種後約3か月たったら2回目を受けるのがしっかりと 免疫をつけるために必要です.

対象者は1~2歳(生後12月から生後36月に至るまでの間)は3カ月以上の間隔で2回接種します。

3~4歳(生後36月から生後60月に至るまでの間)も、

過去に一度も水痘ワクチンを接種していないお子さんに限り、

2014年度(平成26年度)に限り1回の接種機会が提供される見込みです。

水疱瘡は、子どもの頃に水痘帯状疱疹ウイルスに初感染した時に発症する病気です。

水ぼうそうの初感染後で、免疫力の下がった時に現れる発疹が帯状疱疹と言われます、どちらも原因となるウイルスは同じなのです。