日課・業務 RSウイルスによる感染症

2015-12-11

本日も終了。

寒くなってきました

RSウイルスに感染症は、ゼイゼイと息苦しくなる病気です。

寒い季節に多くみられます。

咳や鼻水、鼻づまりなど、風邪の症状で始まりますが、発熱を伴い、次第に咳がひどくなり、ゼイゼイと苦しそうな息になってきます。

ゼイゼイが治まっても、痰がからんだ咳がしばらく続きます。

胸やお腹をペコペコさせて息をしたり、顔色が悪い、母乳やミルクの飲みが悪いときは

再度、医師の診察を受けましょう。

外来治療で治っていくこともありますが、重症になって酸素吸入が必要になることもあります

とくに、6か月未満の赤ちゃん、未熟児や生まれつき心臓病がある子などは重症になりやすい傾向があります。

呼吸が苦しそうなときは、背中を優しくたたいたり、体を起こすように抱っこしてあげてください。

症状の変化を見極めることが大切です。

御心配な時は、こまめに受診をして下さい。