日課業務 上海市の麻疹予防注射

2010-09-08

少し涼しくなりましたね。

上海では麻疹の予防注射が無料で行われるようですね。

日本人の関係は、MMR(麻疹、風疹、おたふく風邪)で実施されるようです。


お母さん方はご心配なようで,多くの方からお電話での問い合わせがあります。



一番多い、ご質問内容は「中国製ですが大丈夫ですか」です。

中国製の予防注射は中国衛生局が許可をしたものですから、当然生産管理も厳しく行われています。

しかしながら、最近、ニュースになった、粉ミルクの事件などを知ってしまうと、不安も当然のことと思います。



上海では麻疹発生は厳しく管理されており、感染者は専門病院以外での診察は出来ません。

更に衛生局への報告が必要になります。



日本で一回しか接種されていない方は、ブースター(追加免疫効果)の為、接種されると良いと思います。

2回接種をされている方は、必要は無いと思います。

その他、風疹、おたふく風邪などが未接種の方は受けられたら良いと思います。


以前も書きましたが、海外での予防注射は、すべて任意接種ですので、自己責任で決めなければなりません。

それがご心配な方は、日本に帰国され接種されると救済処置の対象にはなりますね。

当クリニックでも予防注射を始めますが、不明な点は医師にご相談ください。