日課業務・鳥インフルエンザ

2009-01-20

本日も終了



新華社通信によると、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して治療中だった中国貴州省出身の男子学生(16)が20日、湖南省の病院で死亡した。中国では今月、北京市の女性(19)と山東省済南市の女性(27)も鳥インフルエンザで死亡しており、今年の死者は3人目となった。

 学生は8日に貴州省で発症し、16日に隣接する湖南省の病院に入院。17日に省衛生当局が学生からH5N1型ウイルスを検出していた



毎日、このようなニュースを聞いていると、神経が参りますね。

いつか、新型インフルエンザが出たと聞いても、そう?なんて言ってしまいそうです。

イソップ寓話の「狼と少年」を思いながら、書いています。

皆様、危機感は持ち続けましょう。