日課業務

2009-01-23

今日も、インフルエンザの患者さん居られました。

以前は、A型インフルエンザの方ばかりでしたが、今日はB型インフルエンザの方が居られました。

B型インフルエンザは、遺伝子がかなり安定しており、免疫が長期間続くといわれています。



インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類されます。このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型です。現在、国内で流行しているインフルエンザは、A/H1N1亜型(ソ連型)とA/H3N2亜型(香港型)、B型の3種類です。これらの亜型は世界中で共通した流行型となっています