日課・業務 インフルエンザと治療

2011-01-16

本日も終了。

中国の2級以上の病院では発熱の患者さんは問診で1級病院での治療を進められるとのこと。


日本では考えられないけれど、実際、そうなのでしょうね。

今の時期、発熱はインフルエンザが多いので院内感染の危険を回避するのが目的でしょう。

しかし、具合が悪い時に他に移動するのは辛いですね。


インフルエンザの患者さんがご質問される「新型ですか季節性ですか」ですが、

遺伝子検査(PCR)の検査をしなければ、判定出来ません。

タミフルの服用をしなくても治療は可能です。

発熱から48時間以上がすぎてしまった時は、対症療法で治療をする事も出来ます。


インフルエンザは予防するのが一番良いですね。

生活を規則正しくされて、しっかり休みを取り充分な栄養で乗り切ってください。

手洗い、うがい、換気をされることが予防に繋がります。