日課・業務 帯状疱疹

2010-11-14

本日も終了。

胸が痛いですと言われると、一番心配なのが心臓の病気ですが、時には帯状疱疹のように

「痛みが長く続いて次第にひどくなります」と来院される病気もあります。


良く見ると皮膚に赤くて細かいブツブツが出ていたりします。


子どもの頃によくかかる病気の一つが水ぼうそうです。これはウイルス性の病気で、一度発症して治ってしまうと一生感染しません。

ところが、そのときのウイルスは死んでしまったのでなく、長い間身体の中の神経節に潜り込んでいたのです。このウイルスが、病気などで抵抗力が弱くなったときや疲れたとき、あるいは歳をとったことにより再び活動を始めることがあります。

これが皮膚の病気「帯状疱疹」です。


ただし、子どもの頃に水ぼうそうにかかったといっても必ずしも帯状疱疹になるわけではありません。10人に1~2人の確率ということです。