生活 年末は何かと

1970-01-01

年末になると、何かと慌しいですね。

上海は年末は関係ないと割り切っているのですが、それでもソワソワしますね。


最近、特に感じる事は、こちらのクリニックで働き始めた頃にお会いした小さな患者さんが

皆さん大きくなっていて、自分の年を自覚することです。


赤ちゃんは幼児になっていっぱいお話しをしてくれたり、小学生は無口な中学生になって

恥ずかしそうに挨拶をしてくれたり、以前は初めてのお子さんで戸惑って居られたお母さんが

2人目や3人目のお子さんを抱いて来られることが多くなりました。


毎日、忙しい中でそんな姿を見れることが喜びとなっています。

年を取るという事はそんなことでもあるのかと、思うようになりました。


一年が過ぎ去るのは本当に早いものです。