生活 疲労困憊

2009-06-25

毎日、暑い上海で仕事をしていると、とにかくいろいろな問題があふれて来て、何から手を付けようかと考えてしまいます。


1年かけてスタッフを育てても、1年後には有利な条件を探して、立ち去ります。

それは、中国での仕事に対する考え方が、非常にドライであるということでしょうか?


ドライであるならば、それはそれで仕方がないと諦めるしかありませんが、注ぎ込んだ努力は水の泡となります。

人を育てるということは、大変なエネルギーが要ります。

根気良く、伝え、技術を教えていくのですから、愛情がなくては出来ません。

それでも、その成果を発揮する前に辞めて行きます。


本当に疲労困憊です。

私は毎日何をしているのでしょうか?

人は信じなければなりませんが、信じると裏切られるのは、辛いですね。