生活・新型インフルエンザフェース6

2009-06-12

実際の感染状況は、WHOのデーターや厚生労働省のデーターで、認識はしています。

目の前で患者さんを見ていませんので、どのような症状で、どのような経過を取るのかは明確ではありません。


仮に私が感染したら、ブログで経過を書けるのですが。

老人である私は感染しないらしい。しかし、それはどのようなエビデンスなのかわかりません。


今年の冬は、再び大流行をして、あたふたするのか?

それとも毒性が強い、鳥インフルエンザが流行るのか?


いずれにしろ、今年の予防注射の準備を進めていかなければなりません。

従来のインフルエンザに加えて、新型インフルエンザの予防注射をするとなると、大変ですね。