生活・海外旅行障害保険

2011-06-12

多くの皆様は海外旅行障害保険をお持ちですね。

海外では上記の保険を持っていませんと、医療費は自費になります。


診療施設により、その価格は大きく異なります。

海外旅行障害保険は、こちらで発生した疾患、あるいは事故などをカバーする為のものですので

慢性疾患や過去に診断歴がありますと、使うことが出来ませんね。


日本に社会保険や国民健康保険を持って居られる方は、こちらでの支払いの領収書と必要書類を

添えて日本で申告をすると、その保険に充当する額が、戻ります。

この場合は、現金を一次立替をすることになります。


軽い風邪などは、大きな金額はかかりませんが、事故や心臓疾患、緊急手術などの場合は

多額の医療費が必要になります。

私的な事ですが、夫がこちらで突然、心臓疾患になり、上海へと緊急搬送し、病院に入院し

検査、手術などを行いましたが、搬送料金、入院、治療費は何百万だったと思います。

こうなると、現金の立替は難しいですね。

海外旅行傷害保険が、役に立ったと言う訳です。


タクシーなどもそうですが、常にハラハラする交通状況ですから、事故が起きたら、同じ様に

その為の治療費は多額になります。

そんな時は、やはり保険は必要だと思いますね。


何だか保険のCMのようになりましたが、最近、身近で起こった事で、保険を意識するようになりました。皆様もお気をつけて下さい。