生活・糖尿病の管理

2010-08-02

慢性疾患の中でも糖尿病はかなり厳しい管理が必要です。

食事などのカロリー計算も大事ですが、御自分の実際の血糖をきちんと把握され、更には

御自分が飲まれている薬の働きを知っていることが大事ですね。


医師は血糖の管理を血液のデーター等で把握して行きますが、患者さん自身が治療に対して

理解をされていないと、合併症を引き起こす確立が高くなりますね。


おどかすわけではありませんが、糖尿病は怖い病気です。

血糖が高いことが怖いわけではなく、何年もその状態を続けることで

起きてくる合併症が怖いんです。

どんな合併症が起こるかというと、視力低下(時には失明)、腎不全(透析が必要になることもあります)、手足のしびれ(感覚が鈍くなり、傷ができても気づかない)、心筋梗塞、脳梗塞、インポテンツ、壊疽(手足の先に血液が行かなくなってしまい切断しなければなりません)、意識障害などです。

ですから、糖尿病と診断されたら、真剣な治療が必要なのです

検診などで血糖が高いなどと言われた方は、必ず医師に御相談をしてください。