生活

2009-01-26

最近、携帯メールがとても多いと感じます。

確かに料金が安いと言うこともありますが、この大晦日にスタッフからいただいたメールは、簡単ではありますが、

昔、高校生の頃に学んだ漢文を思わせるものがありました。

きちんと韻を踏んで、正月の喜びと、一緒に働いた喜び、さらには新しい年への期待を漢詩にして送ってくれました。


李白も杜甫も遠い人ではありますが、面々とその時代から繋がる言葉の表現を、現代の若者もしっかり身に着けているのだと

感動しました。


昨晩の花火で、眠れなかった方も居られると思いますが、本当にすさまじかったですね。

冬の花とは、良い表現だと感じました。

花火の経験は中国に来て2度目ですが、まさしく迫撃砲と言っても過言では無いですね。